デジタルカタログの使い方

| | トラックバック(0)
カタログ通販のベルメゾン。
貴方は、いつも何で見ていますか?
ベルメゾンのカタログは、色々な種類があります。
千趣会のベルメゾン。
千趣会は、創業当時、こけしの頒布会として創業したとか。
その後、雑誌タイプのカタログ誌として人気になりました。

お母さん世代は、まだまだ「通販と言えば、カタログよね。」
という、紙カタログ派も多いみたい。
欲しい商品を見つけたら、そのページの端っこを折っておく。
あるいは、付箋を付けておく。
あとでもう一度見て「やっぱり、これよね。」
何度も繰り返して商品を吟味する。そんな楽しみ方もあります。


注文方法が、カタログについている葉書か電話でした。
しかし、その後パソコンからも注文できるようになりました。
また、商品だって、パソコンから選び、紙より早く探せるようになりましたよね。
カテゴリー別に分かれているので便利。
商品名だけで、検索して、ささっと出てくるようにもなりました。

でも、カタログ形式でも見られるの、ご存知でしょうか?
クリックすると、突然画面いっぱいに、雑誌紙面が。
大きすぎてびっくり。
何かに触れてしまって、商品がさらに拡大。

でも、使い方がわかれば、とっても簡単なのです。
カタログ形式が好きなお母さんも、パソコンが苦手でも、
マウスでズームも可能。虫眼鏡マークがついています。
拡大鏡を引っ張り出してこなくても。
最大で800パーセントにもなるのだそうですよ。
もちろん、大きくしても、ぼやけることはありません。
むしろ、詳細や素材も鮮明にわかるんです。

さらに!商品名をクリック。
なんと、デジタルカタログから、ネット販売ページにジャンプします。
カラー展開、在庫等もすぐわかります。
「ネットショッピングって難しそう。」
そう思っていたおばあちゃん、お母さん世代も、
これなら簡単にお買い物が楽しめそうですよ。

デジタルカタログで、もっとベルメゾンを楽しんじゃえ!

千趣会運営のベルメゾンネットはこちらからどうぞ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジタルカタログの使い方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://belle-fan.com/mt/mt-tb.cgi/15

アイテム

  • 3.jpg
  • 1.jpg

このブログ記事について

このページは、千趣会応援団長が2012年7月19日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベルメゾンの通勤服がおすすめって知ってました?」です。

次のブログ記事は「マンスリークラブ新規入会キャンペーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。